« 自分なりのジャイブその2 | トップページ | 自分なりのワンポイントテク パート2 »

2006年2月26日 (日)

自分なりのワンポイントテク

今までジャイブやジャンプの自分なりの考えを書いてきたがもっと細かくワンポイントで解説して行こうと思う。

でも、理解してもらえるか道具が変るとコントロールも変ってくるのでほんとに自分的な考えで書いてるので悪しからず。

ジャイブ編

ある程度ウインドに乗れてプレーニングが出来てくると今度はジャイブの壁にぶち当たる。

ジャイブエントリーはほどほど良い入りが出来てもボードの失速とセールの返し、簡単そうでなかなか出来ない。

先ずはボードの失速。

ジャイブは風下側のレイルを強引に押さえ込んでボードを傾斜させその反発とセールの前に引っ張る力でカーブして行く。ボードのレイルを押さえると言う事はボードにブレーキを掛けた状態になる、これをカバーするのがセールパワーで、ジャイブの途中失速しそうになったらマストを進行方向に突き出すようにして風をセールに呼び込むようにすると失速を最小限に出来るようだ。

ワンポイント

ジャイブエントリーからマストハンドを進行方向に突き出しマストを立てる。

次にセールの返し。

ジャイブに入ってそのままの状態でターンしていくとセールに裏風が入って潰されてしまう。セールに風を入れた状態で固定してボードがターンしていくと、セールはクリュウファーストの状態になる。風の弱い時ジャイブしているとこの状態になり易いがこれを返すときにどうしてもマストの位置が自分の体よりもテイル寄りに倒れてしまいバランスを崩してしまう。大きいセール(8.0m2以上)でジャイブする時はこの傾向が強いみたいだ。自分が今思ってるセールサイズは7.0m2以下なのでこれ以上のセールサイズで綺麗にセールを返すのはそれなりの慣れとテクが必要だ。

ジャイブドライブ中にセールを綺麗に返すコツは自分の前でブームをさばく事、具体的にはジャイブに入ってセールを返すタイミングが来たらマストハンド(前の手)をブームジョウまで移動しそこから自分の前に引き付ける様にマストを風上側に引き抜く。

ワンポイント

セールを返すときはマストハンドをブームジョウまでずらし体の前でセールを返す。

これだけのことだがいままでセールを返すときバランスを崩してた人はこれでジャイブの確立が格段に上がると思う。

お試しあれ。(^o^)///~

|

« 自分なりのジャイブその2 | トップページ | 自分なりのワンポイントテク パート2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分なりのワンポイントテク:

« 自分なりのジャイブその2 | トップページ | 自分なりのワンポイントテク パート2 »