« 自分なりのワンポイントテク | トップページ | セールコントロール »

2006年2月26日 (日)

自分なりのワンポイントテク パート2

ジャンプ編

後ろ足の引き付け

今までもジャンプの飛び出しのコツは後ろ足の蹴りこみだと書いてきたが最近村櫛でジャンプ?してる人でノーズが上がってテイルそのままって人見かけます。見た目に派手っぽく見えるけどはっきり言って失敗ジャンプです。自分はこういうジャンプするときは波に対して蹴り込みが遅くて波のパワーが捕らえきれずにテイルが流れてしまった時です。

まだ、そんなにジャンプが出来ない状態でこういう風になってしまうのだったら飛び出した瞬間のセールの引き込みの甘さと後ろ足の引き上げ不足です。

後足を引き上げるにはテイルを蹴りこんで飛び出す時にしっかりとブームで懸垂をするような感じでセールを引き込みその反動を利用して後足を引き付けると楽に空中でとんだ感じに見るようになるでしょう。

ワンポイント

ジャンプで飛び出したらセールを引き込みその反動で後足を引き付ける。

空中姿勢

ジャンプが一番怖いのは空中でどうしたらいいのか分らないから、その答えは空中でセーリングすればそれでいいんです。セールをしっかり引き込んでいればそのまま着水できます。普通プレーニングしていて思わず波を超えるときに躊躇せずセールを引き込み続けたこと一度や二度はあるはずです。この感覚の延長線上にジャンプがあるんです。空中ではしっかりセールを引き込んでいればOKです。

ただ、意識してジャンプしようとして蹴り込みが強すぎたり波のパワーが思った以上に有ってノーズが真上に向いてハイジャンプのようになってしまったら、着水は最悪背中から落ちてしまいます。でもこれを回避できるテクが有ります。空中でのパンピングです。

ジャンプして頂点から落下しだす時にパンピングによってノーズを下げてやる効果があります。むやみにやり過ぎるとノーズダイブなってしまいますが。タイミング的にノーズの上がり具合が45度前後であればマストをノーズ方向に突き出してやることでノーズのコントロールが出来るように成るはずです。(これもパンピングの応用)

ワンポイント

ジャンプでノーズが上がりすぎたらパンピングでノーズを下げる。

逆にジャンプ飛び出して勢い余って後足を引き付けすぎたらノーズダイブに成ってしまいます。これも回避するテクが有るんです。ジャンプするときはセールを引き込めと再三に渡って書いてきましたが、これはジャンプの飛び出しパワー不足を解消する為です。ある程度慣れてくるとノーズダイブが多くなってくるかも。これを解消するにはノーズが下を向くなと思ったら空中でセールを開きパワーを逃がしてやること。具体的にはセールを引き込んでる状態からブームにぶら下がる状態になること、つまりセールをパラシュートみたいにすること。

ワンポイント

ノーズダイブに成りそうになったらセール開きブームにぶら下がる。

この二つが理解できたらもっと楽しく安全にジャンプ楽しむことが出来ますよ。(^o^)//~

|

« 自分なりのワンポイントテク | トップページ | セールコントロール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分なりのワンポイントテク パート2:

« 自分なりのワンポイントテク | トップページ | セールコントロール »