« 走り出し | トップページ | 自分なりのジャイブ »

2005年5月16日 (月)

セーリングフォーム

ボードが走り出してそのスピードを維持若しくはスピードアップすることが次のステップ。これはセーリングフォームを体得することが一番の近道である。

まず、走り出しの時の延長線上にあるものだ。基本的にはあのフォームを維持すれば良いのだが走っていれば風が振れたりガスティーになったりいつも同じように風は吹いてはくれない。順風で有ればマストを立てセールを引き込んでいれば気持ちよくプレーニングを維持することが出来る。

マストを立ててセールを引き込む、これがなかなか難しい、口で言うほど簡単ではない。まず、ハーネスを掛けたままマストを立てる。これはジョイント位置、ブームの高さ、ハーネスの位置 長さ、ストラップの位置 幅を自分の身長に合せる事によって楽に出来るようになる。マストを立てると言うことはボードに対してなるべく直角になるようにすることで、普通セールを引き込むと斜め後ろ方向に引き込んでしまうがこれを修正する必要がある。引き込む方向はボードに対して真横方向が理想的で(ジャストの状態)若干アンダーの場合は体を前方向に突き出す感じ、どんな、フォームになってもセールのクリューはボードのセンター上に来るように引き込む。

では、ジョイントの位置。どんなボードでも始めはとりあえず真ん中にセット、最近自分は身長が160Cm位なので真ん中より1~2cmテイルよりが良いみたい。セールサイズにもよるが大体この辺。

フォーム自体はプレーニングしていて楽な体勢でセールをしっかり引き込める位置がベスト、ボードによって微妙にセッティングが違うようだ。体調やコンデション、セーリングの間隔が開いた時なんかは感覚が戻るのにチョット時間が掛かるね。

|

« 走り出し | トップページ | 自分なりのジャイブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セーリングフォーム:

« 走り出し | トップページ | 自分なりのジャイブ »