« '08.07.09 今週末は夏空か | Main | '08.07.13 サーマル吹き上がらず »

July 13, 2008

'08.07.12 6.7㎡ジャストオーバー

今日は2時間コースの仕事をクリアして給油のため雄踏を経由して村櫛に向かった。
10時半頃競艇場を通過するとき西北西の風5~6m/s位、まだ吹き上がっていない。
仕事の終わりがけにT田くんから「この時間で駐車場が半分くらい埋まってるから早めに来たほうが良いです」
の電話があった。
久しぶりに確実に吹く予報なのでウインドサーファーの動きが早いようだ。
雄踏のJ-questではじめてのセルフ体験、目が見えないので満タンにするのに給油口を睨めて慎重に入れた。
レジで精算するときの金額でびっくり、47.3Lで8428円、高くなった。
満タン一回でこんなに、燃費の良い車に変えないと辛いかもですね。

村櫛に着くとまだ吹き上がっていない。
競艇場を通過するときは西北西だったのが西になってる、サーマルの期待が膨らんできていた。
13時頃出艇、今日の潮は干潮9時半頃、満潮16時半頃。
潮が十分に満ちてきてないためビーチ前を沖に向かってセールを引きつつ歩き出す。
浅瀬の淵まで来た状態で北に向かってスタート、前方にはカイトの大群がいた。
カイトのスクールをやってるみたいで初心者が多いせいかその場を動かない。
フィンを擦りつつカイトギリギリで方向転換、南海面目指してGO、いきなり藻の襲撃。
ウィードを付けているのにそれでも太刀打ちできない、完全に引きずってる。

ブローを捕まえてはプレーニングしてるが走るというより藻を回避してるって言った方が正解かも知れない。
上がったり落ちたりを繰り返しながら風が西南西に変わってきた。
ビーチの前はもの大群で「もう大変」チョップジャンプの連続、これが後になってトラブルの原因になるとは。

14時半過ぎからちょっと安定した西南西が入ってきた。
水深もだいぶ戻ってきているが南海面の海草地帯はやばそうなのでその前でジャイブして回避、6.7㎡でジャストを楽しむ。
時折きついブローで腰が浮きそうになりつつ、南西のサーマルを期待していた。
14.5"をカットしたフィンと10.5"のフィンを乗り比べて見たがカットフィンが圧倒的に抜けが少なく上りがすっごく良い。
カットフィンに乗りなれると10.5"は抜ける抜ける、でもトップはこっちのほうが出てるような感じがした。
気のせいかもしれないけどね。

以前頼んでいたリバティーのウエストハーネスがまだ来てないのでwindsの店長のハーネスを借りてやってた。
最近まともに風が吹かなかったので強風使用の体系になりつつあるため、ウエストハーネス着装したとき腹回りの圧迫感が気になった。
その後自前のパンツにしてみたらすごく楽になったような気がした。
やはり慣れた道具のほうがいいのか、でも注文してしまったしね。
慣れるまでの辛抱かな。
あんなこんなで15時半過ぎに気持ちよくブローを捕まえてパンピングからハーネスをフィッキング、その瞬間今まで体験した厭な感じが頭の中で警報を鳴らしていた。
ブームがおかしい、変にぐらつく、完全に破断する前の感じだ。
ブローが入ったセールを開きブームへの衝撃を最小限にしながらビーチに向かった。
ここで久しぶりにセールのコントロールは引き込んでる状態が一番安定してることを実感させられた。
ブローが入ってる状態でセールを開くとパワーを逃がしきれずオーバー状態になり飛ばされそうになる。

今日の藻を回避するためのチョップジャンプが直接の原因だったが伏線としても今までの強引なジャンプで疲労していたんでしょ。
これでブーム折ったの何本目なんでしょうか?
ジャンプの付けがブームにいってるんでしょうねきっと。

ま、体の代わりに道具が壊れてくると思えばありがたいことです。

でも、ブーム変えたら微風は厳しくなるかもな。

日曜日は昼前から出勤かな、吹くときに楽しんでおきましょ。(^o^)//////~
Sany0121_3
Sany0123_2
Sany0125_2

|

« '08.07.09 今週末は夏空か | Main | '08.07.13 サーマル吹き上がらず »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66526/41819709

Listed below are links to weblogs that reference '08.07.12 6.7㎡ジャストオーバー:

« '08.07.09 今週末は夏空か | Main | '08.07.13 サーマル吹き上がらず »