« 程よくウインドか? | Main | 11月20日 寝不足ウインド »

November 20, 2005

11月19日 良かったような悪かったような日

いつも朝起きると近くの竹林を確認、揺れ具合を見て村櫛に向かう時間を決定している。

最近韓流VDVにはまってるって言うか最近の洋画で面白いのがあまり出ていないのでつい韓流物を借りてしまうのだが、今”威風堂々な彼女”を見ている。結構笑えて自然に目じりが熱くなる作品だ。二日くらい前から見出して、今日も朝一まだ吹き上がっていないので取り合えず昨日の続きを見ていた。9時半過ぎからザワザワ竹林が揺れ出したのを横目で見つつ10時半までDVDを見てしまった。

自分は村櫛に向かう途中の数箇所でいつも自分なりの風速を確認して大体のセールサイズを決めている。
まず、街中の街路樹や旗、競艇場外周に入って競艇開催中であれば掲揚してある旗、そして浜名湖大橋を渡りつつ海上に刺してある標識用の小さい旗や海面の状況でほぼ決定してしまうが、とどめはウインズの風速計、こんな感じでいつも自分に合ったものを選択している。

昨日からの状況では6.7m2くらいでチョロチョロ走るくらいかなと思っていたのが村櫛に着いてみると「5.0m2でOKか」くらい吹いていた。先に出ていた人に聞くとその状況は少し落ちた状態だとの事、そんなに吹いていたとはうれしい誤算だった。海面を見つつ期待を込めて4.5m2をセット、途中もう一枚保険で5.0m2を張って置くかとも考えたが取り合えず4.5m2で出艇。11時過ぎから約2時間ジャストアンダーでジャンプ大会。やはり小さいセールでのセーリングは楽しい。

最近のジャンプがいまいちスッキリしない。
掘れた波に合わせても以前のフリスタのように波を「ツルン」と舐めるような感じが出てこない。ボードのせいなのか、まだ乗りこなせていないだけなのか、それともその両方なのか良くわからない。ボードの性格がフリスタとはやはり違う、走り出しやトップスピードはやはりスーパーXのほうが良く感じられるがジャンプは飛び出しが重く感じられる。どんな状況でもジャストの感じは軽く軽快に走るのがベストだと思うけど自分が感じてるこんなことは全てをクリアできる速くて曲がり易くジャンプし易いボードを求めてるからだろうか。

結局今日は中だるみ状態で14時過ぎから徐々にガスティな状態が強くなり15時半頃に終了、やはり最初に感じた2枚目の保険を張っておくべきだったかも、そうすればもっと長い時間乗ることが出来たはず。
でも4.5m2で乗れたんだから良しとしときましょ。
気持ちの中では「良かったような悪かったような」そんな感じ。

明日は6.7m2でしょう。

|

« 程よくウインドか? | Main | 11月20日 寝不足ウインド »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 11月19日 良かったような悪かったような日:

« 程よくウインドか? | Main | 11月20日 寝不足ウインド »