« '08.10.05 秋祭り 2日目(熱田神社 本祭り)昼の部 | Main | '08.10.05 秋祭り 2日目(八幡神社 宵祭り)夜の部 »

October 18, 2008

'08.10.05 秋祭り 2日目(熱田神社 本祭り)昼の部 パート2

12時半、昼食休憩も終わり熱田神社に向けて出発。

昨日は日が落ちて暗くなった19時過ぎに御手洗(みたらし)で市場との合流だったが今日は明るい13時前に合流、昨日とは違った感じで盛り上がってきた。

昨日同様市場から境内に坂を上って行く。

幟の間を通り左に市場、右に川尻、2台の屋台が並び太鼓合戦。

P1000094
P1000093
太鼓の打ち合いの間に餅投げようのやぐらが組まれて13時25分から持ち投げ開始、あっと言う間に終了。

後ろのほうじゃ殆ど拾えなかった。

P1000092
P1000089
P1000088
やぐらを撤去して次は手踊り、川尻でやってる曲と市場でやってる曲が違うので両方の人が踊れるようなそして盛

り上がれる曲を選んで曲を流す。

市場にはおいでん祭で一緒に手踊りの太鼓を打ってる二人の仲間が居る。

その二人も巻き込んで、人生宝節、ジェンカ、マイムマイム、などで盛り上がりを付けていった。

P1000085
その後お社の中の神事の進み具合に合わせて奉納太鼓の準備、合図とともに市場から奉納太鼓に入っていく。

やはり明るい状態での奉納太鼓は昨日と違った緊張感が漂い何ともいえない厳かな気持ちにさせてくれる。

P1000084
P1000078
P1000079
P1000080
P1000081
P1000082
奉納太鼓が終わると流鏑馬、馬場を作る為に社務所のほうに屋台を寄せロープを張る。

山口、市場、川尻(順不同)と各地区の代表が馬場を駆け抜ける。

馬が走るたびに的を叩いた旗手が矢を境内に投げ放つたびに、そそれを目掛けて人が群り歓声が上がった。

流鏑馬が行われてる間にパラパラと雨が落ちてきていた。

川尻の屋台にはビニールシートが掛けられ夜に向けていつ降ってもいいように準備がなされていた。

流鏑馬も終わり馬場のロープが取り除かれ又も太鼓合戦、17時に熱田神社を後にした。

市場はこの時点で秋祭りが終わりとなって方付けに入っていく。

川尻は秋祭り2日目が八幡神社の宵祭り、これから夜に掛けてもう一盛り上がりする。

カエリキヒャを奏でながら境内を後にして名残惜しく思いながら公会堂を目指して県道を急ぎ足で渡っていった。

17時半公会堂帰着、夜の部に備えて暫しの休憩と夕食(にぎりめし&トン汁)。


|

« '08.10.05 秋祭り 2日目(熱田神社 本祭り)昼の部 | Main | '08.10.05 秋祭り 2日目(八幡神社 宵祭り)夜の部 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference '08.10.05 秋祭り 2日目(熱田神社 本祭り)昼の部 パート2:

« '08.10.05 秋祭り 2日目(熱田神社 本祭り)昼の部 | Main | '08.10.05 秋祭り 2日目(八幡神社 宵祭り)夜の部 »