« パート3 新たな型の試行錯誤 | トップページ | S3 31.5㎝ S3フィン2枚目 »

2017年4月 8日 (土)

第三弾 S3 彫り始めました

性懲りもなくまた彫り始めました。

はじめは手順が分からず試行錯誤でいろいろと壁に突き当たって悩んできたんだけど、いろんな人にアドバイスを受けながらここまで来ました。

でも作れば作るほど手元に試作フィンが溜まってしまってます。

でもテストしてると少しずつこうしたらってアイデアが浮かんできて、また彫り始めてしまいました。

フィン作りの初めはフィンのイメージをイラストにして紙型を作る。

Dsc00475


Dsc00474

次は版木にイラストをトレースして彫り始めます。

とりあえず今回はサカナフィン第3弾って言う事でS3ってことにして、一番使うだろうと思われる27㎝を彫り始めました。

Dsc00473

良いのか悪いのか分からないけど、出来上がりが楽しみですよ。

今までは作って早くテストしたいって焦りがあったんだけど、これからはじっくりと慎重に遣って行きたいですね。

一番時間がかかるのが彫りなんでここがうまくいったらすぐなんだけど、でも難しいですね。

部屋中が木くずだらけになって埃っぽくなってしまうんですがね。

楽しみながらのんびりとですかね。(^o^)/////////~

そして片方はほぼ彫り終わったんだけどもう片方が難しいんですよ。

彫り終えたものを左右対称に彫り移す、これが出来ないと左右非対称ってことになってしまいますからね。

でも厳密に言うといつも非対称なんだけどね。Dsc00476


少し彫っては手で摩って少しずつ彫ってくんだけど、なかなか同じような深さや形状を再現するの難しいんですよ。

これを彫りあえるとサンディングで削った表面を磨いていきます。

表面を磨いた後シリコーンを塗布して離型剤のかわりに。

Dsc00481


これで取り合えず型は準備完了。

次はカーボンクロスのカット。

イメージに合わせて形状、枚数をカットしていく。

Dsc00482


さて次は成形、樹脂でカーボンクロスを固める。

Dsc00483

左右の型をシャコマンで固定して硬化させる。

Dsc0030850

最低6時間くらい硬化させ型を開く。

バリをカットし形を整えていく。

Dsc00484

大体形を整えた後、ボックスに合わせてサンディングしていく。

Dsc00486_2

ボックスに合わせた後、きれいにフィンのサンディングをして仕上げる。

最後にインサーナットの取り付け穴をドリルであけナットを取り付けて終了。

Dsc00488


ボードにセットして性能テストです。

Dsc00489_2

« パート3 新たな型の試行錯誤 | トップページ | S3 31.5㎝ S3フィン2枚目 »

手つくりカーボンフィン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パート3 新たな型の試行錯誤 | トップページ | S3 31.5㎝ S3フィン2枚目 »